法律用語集

ESOP

読み方
:いそっぷ
分野
企業法務

ESOPとは、Employee Stock Ownership Planの略語で、企業が従業員に対して、退職給付の一つとして自社株を取得させる米国の制度である。我が国においては、ESOPと同じ制度は存在しないが、近年、多数の企業において、類似の制度(日本版ESOP)が導入されている。日本版ESOPには、従業員にインセンティブを付与する機能、安定株主を確保する機能、および従業員によるコーポレート・ガバナンスを強化する機能等が期待されている。そのスキームには複数のパターンがあり、従業員持株制度を利用したもの(企業のビークル(一般社団法人または信託)が自社株を取得し、従業員持株会に対して定期的にその一部を譲渡するもの)や、従業員退職給付信託を利用したもの(企業が設定した信託が自社株を購入し、退職する従業員に対してその一部を譲渡するもの)がある。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > ESOP