判例紹介

アパマンショップ株主代表訴訟

弁護士 寺崎大介

本判決は、事業再編の過程で必要になったとされる子会社株式の買取価格が相当であったか否かという積極的な経営戦略の場面での取締役の経営判断を問題とする事例であり、民事事件において、経営判断の原則に係る審査基準を明示した最初の最高裁判決である。

判例紹介一覧へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには 「Adobe Reader」が必要です。
最新版のダウンロードは以下のWebサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロード

Adobe Reader

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 判例紹介 > アパマンショップ株主代表訴訟