先輩アソシエイトの声 – 吉沢洋介 –

先輩アソシエイト・若手パートナーの声

吉沢洋介(72期 2020年入所)

1. 入所のきっかけ

教育制度や所属する弁護士の姿勢に惹かれて入所したいと考えました

私は、大学の法学部に入った当初は、弁護士をはじめ法曹の仕事に就くことは全く考えていませんでした。その後、法学の学習を進めるうちに、学んだことを自分の仕事にそのまま生かすことができればと考えるようになりました。そして、ロースクールでは企業法務に携わる弁護士の担当する授業も受け、漠然と企業法務の世界で弁護士として活躍したいと考えるようになりました。そのため、サマークラークや事務所説明会では企業法務を総合的に扱う法律事務所に足を運びました。

その中でも、シティユーワ法律事務所では、入所1年目にSRS制度のもとで幅広い業務分野に携われる教育制度が整っており関心を持ちました。私自身、入所前には漠然と企業法務に興味を持っていましたが、業務範囲・分野ともに幅広く、まずは自分がより興味を持てる分野を見つけ、その上で専門性を高めていきたいと考えていましたので、この制度は大変魅力的に感じました。
また、採用担当の弁護士から、法律の専門家としての視点は持ちつつも、依頼者がどのようなビジネスを行っているのか・行いたいと思っているのかを考える必要があるとの説明を受け、ビジネスを意識しつつ法律の専門家として案件に臨む姿勢に感銘を受けました。
加えて、説明会をはじめリクルートの過程でお話しをさせていただいた弁護士は皆温和な雰囲気で、自分もその一員として働きたいと考えました。

2. 入所後の執務状況等

SRS制度を通して幅広い分野の経験を積むことができました

私は、SRSの期間では、第1クールはコーポレート分野を選択し、M&A案件を中心に企業からの法律相談といった案件も扱いました。M&Aでは、基本的に弁護士3人~5人程度のチームで案件に当たることが多いのですが、その中では先輩弁護士からの指導のもと案件に取り組んでいくことができました。はじめは分からないことだらけで右往左往しながらでしたが、先輩弁護士にも相談に乗ってもらいながら案件に向き合い、一つの案件が終わるころには疲労感と同時に達成感も味わうことができました。また、依頼者から感謝の言葉を頂戴したときには、大きなやりがいを感じることもできました。さらに、M&Aと事業再生が絡んだ案件では、DDから民事再生、人事労務に至るまで横断的に様々な法分野を扱うことができ、幅広い分野の経験を積むことができました。

他にも、私は元々労働分野にも興味をもっており、それを事務所にも伝えていましたので、第1クールでは企業の人事労務に関する相談に加え、労働審判にも携わることができ、非常に良い経験を積むことができました。依頼者とのメール連絡や会議の設定をはじめ、コレポン関係は一番若い期の弁護士が中心となり進めていくこともあり、依頼者からの相談等にも直に接することもでき、また、社会人としての素養を培うことができました。私はその後も、第2クールでは訴訟・倒産、第3クールでは金融を経験し、1年をかけてじっくりと様々な業務分野と向き合うことができました。

SRS制度で様々な業務分野に携わった経験を受け、私は、2年目に入ってからは、企業法務の案件と労働紛争の案件を中心に扱うことを希望し、現在は、そのような案件を中心に案件を配点していただいています。まだまだ分からないことだらけではありますが、一つ一つの案件に真摯に向き合うことで、着実に経験を積んでいきたいと考えております。また、そのように案件に取り組んでいくことで、今後は自分が先輩弁護士の立場となり、後輩の相談にも乗っていけるようになっていきたいと思います。

3. 執務環境等

多様な働き方に対応できる執務環境が整っています

入所して以降は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、自宅執務をすることも多くあります。入所前には想像すらしなかった状況でしたが、現在、シティユーワ法律事務所ではリモートワークのためのシステムも整備され、また、所員同士の連絡もMicrosoftのTeams等を用いて円滑にとることができます。特に若い期のうちは、自宅で執務していると、一人で案件の問題を抱え込み、悩んでしまう状況にもなりがちですが、先輩弁護士から、適宜状況の確認や、何か相談事があったら連絡してねといった温かい言葉ももらい、孤立することなく案件に取り組むことができております。今後は、弁護士業界においても多様な働き方はより重要になってくるところ、シティユーワ法律事務所では、一人ひとりの環境や考え方に応じて、柔軟に執務環境を整えることができると思います。

また、仕事の性質上、ストレスを抱えることも多いのですが、時間のあるときには同期や期の近い弁護士同士で食事にいき、日ごろの悩みや時には愚痴を言い合うこともでき、風通しの良い風土も整っています。

4. 入所希望者へのメッセージ

今後は、弁護士の業務範囲も益々多様化していくことになると思います。その中で、シティユーワ法律事務所では、充実した教育制度が整っており、また、先輩弁護士からの指導や相談を通じて、多様な依頼者のニーズに対応するために必須となる弁護士としての基礎力をきちんと培うことのできる環境にあります。ぜひサマークラークや事務所説明会にも参加いただき、事務所に所属する弁護士と話をすることで、事務所の雰囲気とともにそれぞれの弁護士の法律の専門家としての姿勢も感じていただければ幸いです。

(2022年1月掲載)