トピックス : 2021年

2021年9月15日セミナー/講演等
9月28日に第64回CY法務セミナー(ウェビナー)「中国法務の基礎知識~中国民法典施行などの近時の新法令の状況を踏まえて~」(講師 藤田直佑弁護士)を開催します。
2021年9月15日論文/著作等
齋藤崇弁護士が共同執筆した「太陽光発電ビジネスにおける法務対応及び保険によるリスクマネジメント②」が、「環境ビジネス」2021年秋号に掲載されました。
2021年9月14日セミナー/講演等
島田雄介弁護士が、2021年10月7日に、電気新聞主催の「変わる電力経営のリスクと対応」と題するオンラインセミナーにおいて「制度の状況と法的リスク概説(仮題)」とのテーマで講師を務めます。
2021年9月14日セミナー/講演等
武田涼子弁護士が、日本弁護士連合会が主催する第22回弁護士業務改革シンポジウム分科会プレシンポジウム「司法アクセスの拡充における弁護士費用保険の役割―SDGsとの関わりを踏まえた今後の保険と弁護士の在り方―」において、コーディネーターとして参加しました。
2021年9月8日セミナー/講演等
酒井ひとみ弁護士が、ACCJ (THE AMERICAN CHAMBER OF COMMERCE IN JAPAN)主催のウェビナー"Japanese Inheritance Tax: Everything a Foreigner Is Dying to Know!"においてスピーカーを務めます。(2021年10月1日)
2021年9月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の702号に連載52回目となる「知財の深層を探る~(52)不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(2・各論⑦・⑧)」と題する論考を執筆しました。
2021年8月27日セミナー/講演等
第63回CY法務セミナー(株式会社FRONTEO共催)「判例にみるデジタル・フォレンジックと人工知能AIを活用した実践的な企業内調査」(講師 池上成朝氏(株式会社FRONTEO取締役)、野﨑周作氏(株式会社FRONTEOテクニカル・フェロー)、櫻庭信之弁護士)を開催しました。
2021年8月25日お知らせ
IFLR1000's 31st editionにおいて、当事務所は高い評価を受けました。
2021年8月18日論文/著作等
前田葉子弁護士と福井諭子弁護士が執筆した"Force Majeure and Hardship in the Asia-Pacific Region"がJuris Publishingより出版されます。(2021年9月30日)
2021年8月12日論文/著作等
櫻庭信之弁護士が編著者の『法律実務のためのデジタル・フォレンジックとサイバーセキュリティ』(商事法務、共著)が刊行されました。
2021年8月11日セミナー/講演等
櫻庭信之弁護士が、ウェビナー『法律実務とデジタル・フォレンジックの現状の問題と今後』(デジタル・フォレンジック研究会・法曹実務者分科会)で司会をつとめました。
2021年8月4日セミナー/講演等
前田葉子弁護士が、Singapore International Arbitration Centre (SIAC)主催のウェビナー(SIAC Academy 2021 Enforcement of Arbitral Awards in Asia: Theory & Practice - Part 7: Japan (Virtual Edition))においてスピーカーを務めました。
2021年8月1日お知らせ
Law Business Researchの「Who's Who Legal: Japan 2021」において、当事務所の6名の弁護士が選ばれました。
2021年8月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の701号に連載51回目となる「知財の深層を探る~(51)不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(2・各論⑤・⑥)」と題する論考を執筆しました。
2021年7月29日論文/著作等
田中幹夫弁護士が日本法の部を執筆した「『Handbuch Vertragsverhandlung und Vertragsmanagement(契約交渉並びに契約管理ハンドブック)』(Dr. Otto Schmidt出版)第5版」が出版されました。
2021年7月27日 トピックス
Chambers & Partnersが発行するChambers High Net Worth 2021のPrivate Wealth Law-Japan部門で、酒井ひとみ弁護士が高い評価を受けました。
2021年7月20日セミナー/講演等
第62回CY法務セミナー(ウェビナー)「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」(講師 森田豪丈弁護士)を開催しました。
2021年7月13日論文/著作等
田中幹夫弁護士が在日ドイツ商工会議所会報2021年第2(夏)号に「Gesundheit oder Wirtschaft – Japans Dilemma in Pandemiezeiten(健康か経済か-パンデミック期の日本の葛藤)」(PDF)に関する記事を執筆しました。
2021年7月7日論文/著作等
高橋駿弁護士が執筆した「スポーツチームにおけるクラブトークンの発行と八百長規制の必要性」が新日本法規のWebサイトの記事として掲載されました。
2021年7月5日セミナー/講演等
佐藤彩花弁護士が、東京弁護士会が主催する夏期合同研究の新進会員活動委員会による分科会において、「SNSと法的留意点」とのテーマで講師を務めました。
2021年7月1日論文/著作等
伊藤茂昭弁護士、酒井ひとみ弁護士が執筆した「Private Client Law in Japan: Overview」が、Thomson Reutersが発行するPractical Lawに掲載されました。
2021年7月1日論文/著作等
前田葉子弁護士と中山基義弁護士が調査協力した国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)による"Business and human rights: towards a decade of global implementation"という調査について"The Impact of the UNGPs on Courts and Judicial Mechanisms"というレポートが公表されました。
2021年6月22日論文/著作等
高橋駿弁護士が執筆した記事「1ツイートが3億円! NFTは、結局何が魅力的で、何を取引しているのか」が、ITmedia ビジネスオンラインのHPに掲載されました。
2021年6月22日セミナー/講演等
第61回CY法務セミナー(ウェビナー)「ヘルスケア分野参入者のための基礎知識セミナー~経済産業省「セルフケアを支える機器・ソフトウェア開発の基礎知識」ガイドブックの発行に際して~」(講師 廣瀬大也氏(経済産業省 医療・福祉機器産業室 室長)、藤原崇志氏(経済産業省 医療・福祉機器産業室 室長補佐)、岡田美香弁護士、浅原弘明弁護士)を開催しました。
2021年6月18日セミナー/講演等
田中幹夫弁護士が、日本弁護士連合会主催の「次世代の国際交流・国際司法支援を担う弁護士養成研修」と題するウェビナーにおいてパネリストを務めました。
2021年6月15日セミナー/講演等
長崎玲弁護士が、「Contemporary Issues in Japanese Law」をテーマに、中央大学で留学生向けにセミナー講師をつとめました。
2021年6月15日論文/著作等
齋藤崇弁護士が共同執筆した「太陽光発電ビジネスにおける法務対応及び保険によるリスクマネジメント」が、「環境ビジネス」2021年夏号に掲載されました。
2021年6月11日論文/著作等
飯塚佳都子弁護士の執筆した論稿「相談室Q&A 退職者の競業避止義務違反が判明した場合、どのように対応すべきか」 が、株式会社労務行政の『労政時報』第4015号に掲載されました。
2021年6月11日セミナー/講演等
第60回CY法務セミナー(ウェビナー)「学校法務・リスクマネジメントの最新事情」(講師 水谷幸治弁護士)を開催しました。
2021年6月7日論文/著作等
櫻庭信之弁護士が執筆した「ランサムウェアへの支払いに対する保険の判例」が、デジタル・フォレンジック研究会(IDF)のHPに掲載されました。
2021年6月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の699号に連載50回目となる「知財の深層を探る~㊿不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(2・各論④)」と題する論考を執筆しました。
2021年5月25日論文/著作等
長崎玲弁護士が「Practice Guides: Japan M&A」の「Labour and Employment Issues in M&A in Japan」(PDF)のパートを執筆しました。
2021年5月20日論文/著作等
武田涼子弁護士の執筆した論稿「税務調査における事前通知・立会いの意義と調査における手続の違法性が課税処分に与える影響」(PDF)が、公益財団法人日本税務研究センターの『税務事例研究』181号に掲載されました。
2021年5月17日論文/著作等
栗林康幸弁護士及び高橋有紀弁護士が執筆した「Japan: Q&A - Employer COVID-19 Vaccination Policies」がWorld Law Groupのウェブサイトに掲載されました。
2021年5月15日論文/著作等
前田葉子弁護士が執筆した「国際仲裁の飛躍的発展の条件-物的・人的条件を中心として」(PDF)が法の支配201号に掲載されました。
2021年5月15日論文/著作等
前田葉子弁護士が執筆した「知っておきたい国際仲裁~海外ビジネストラブルへの身近な備え~(第4回)仲裁の流れ」がNBL 2021年1194(5月15日)号に掲載されました。
2021年5月7日セミナー/講演等
第59回CY法務セミナー(ウェビナー)「国際海上輸送法務入門」(講師 吉田麗子弁護士)を開催しました。
2021年5月6日トピックス
田中秀幸弁護士が司法研修所の民事弁護教官に就任しました。
2021年5月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の698号に連載49回目となる「知財の深層を探る~㊾不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(2・各論③)」と題する論考を執筆しました。
2021年4月30日お知らせ
2021年司法試験受験者の皆様を対象とした個別訪問受付のご案内を掲載しました。
2021年4月27日セミナー/講演等
前田葉子弁護士が、国際商業会議所(ICC)日本委員会主催のウェビナー「ICC仲裁ウェビナー ICC 2021年版仲裁規則 改正の重要点」においてプレゼンテーション及びパネルディスカッションを行いました。
2021年4月27日セミナー/講演等
第58回CY法務セミナー(ウェビナー)「デジタルプラットフォーマーをめぐる法的課題と対応」(講師 坂野吉弘弁護士)を開催しました。
2021年4月15日お知らせ
Best Lawyersが発表するThe 12th Edition of The Best Lawyers in Japanにおいて、シティユーワ法律事務所の16名の弁護士が選ばれました。
2021年4月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の697号に連載48回目となる「知財の深層を探る~㊽不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(2・各論②)」と題する論考を執筆しました。
2021年4月1日トピックス
鈴木良弁護士(カウンセル 58期)、藤田直佑弁護士(カウンセル 新62期)、藤田勝也弁護士(68期)、藤枝健太弁護士(70期)が入所しました。
2021年4月1日お知らせ
2021年サマー・クラーク募集の案内を掲載しました。
2021年3月31日トピックス
前田葉子弁護士が第6期大連仲裁委員会において仲裁人に任命されました。
2021年3月19日論文/著作等
田中幹夫弁護士が在日ドイツ商工会議所会報2021年第1(春)号に、「Schutz des Geheimnisses des Mandanten - Einführung des ersten "attorney-client privilege" in Japan in eingeschränkter Form(クライアントの秘密の保護 – 日本最初の秘匿特権の限定的導入)」(PDF)に関する記事を執筆しました。
2021年3月15日論文/著作等
齋藤崇弁護士が共同執筆した「再エネM&Aにおける有効なリスクヘッジ手段「表明保証保険」」が、「環境ビジネス」2021年春号に掲載されました。
2021年3月11日セミナー/講演等
前田葉子弁護士が、FTIコンサルティング他と共催のパネルディスカッション「日本企業の裁判外紛争解決(ADR)-8人の専門家による、変化に対応するための、企業の視点に立った実践的な最新情報-」においてパネリストを務めました。
2021年3月9日論文/著作等
吉田麗子弁護士が執筆した「タックスヘイブンの経済的実体法と外航海運業への影響」(PDF)がシンガポール日本商工会議所月報3月号に掲載されました。
2021年3月9日セミナー/講演等
第57回CY法務セミナー(ウェビナー)「ウィズコロナ、アフターコロナにおける債権保全、債権回収の実務」(講師 奥原靖裕弁護士)を開催しました。
2021年3月8日セミナー/講演等
前田葉子弁護士が、Arbitral Women主催のパネルディスカッション("Gender diversity in international arbitration: Trends and developments in Japan and Asia Pacific")においてスピーカーを務めました。
2021年3月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の696号に連載47回目となる「知財の深層を探る~㊼不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(2・各論①)」と題する論考を執筆しました。
2021年2月26日セミナー/講演等
第56回CY法務セミナー(ウェビナー)「海外事業者に学ぶグローバルな個人情報保護対応」(講師 井口加奈子弁護士)を開催しました。
2021年2月25日論文/著作等
高橋駿弁護士が執筆した記事「バスケットボールが「スポーツくじ」の対象に 「スポーツベッティング」はスポーツ界の救世主となるか」が、ITmedia ビジネスオンラインのHPに掲載されました。
2021年2月18日お知らせ
Chambers & Partnersによる、Chambers Global 2021およびChambers Asia-Pacific 2021において、シティユーワ法律事務所は各部門で高い評価を得ました。
2021年2月16日論文/著作等
豊田祐子弁護士が執筆に参加した『Before/After 会社法改正』が弘文堂より発刊されました。
2021年2月16日論文/著作等
豊田祐子弁護士が監修に参加した『実務解説 改正会社法[第2版]』が弘文堂より発刊されました。
2021年2月4日セミナー/講演等
「新型コロナウイルス感染症が法律事務所と法律業務に与えた影響」と題する日本弁護士連合会・ドイツ連邦弁護士会Bundesrechtsanwaltskammer共催のウェビナーにおいて、田中幹夫弁護士が「日本における新型コロナウイルス感染症と経済活動規制の法的枠組みの概要と、法律業務への影響」(PDF)に関して講演しました。
2021年2月3日論文/著作等
水谷幸治弁護士が共著者として執筆した『Q&Aでわかる業種別法務学校』が中央経済社から出版されました。
2021年2月1日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の695号に連載46回目となる「知財の深層を探る~㊻不正競争防止法の知的財産法における重要性の拡大(1・総論)」と題する論考を執筆しました。
2021年1月31日論文/著作等
武田涼子弁護士の執筆した「不動産鑑定士の業務遂行時の法的留意点『改正個人情報保護法による漏えい等報告義務への対応ポイント』」が、公益社団法人東京都不動産鑑定士協会の『かんてい・TOKYO』97号に掲載されました。
2021年1月28日論文/著作等
坂本正充弁護士、松尾直樹弁護士及び中山基義弁護士が執筆した「World Law Group 2021 Global Venture Capital Guide」(PDF)が、公開されました。
2021年1月28日セミナー/講演等
第55回CY法務セミナー(ウェビナー)「3月1日施行・改正会社法の解説~役員が留意すべき事項を中心に~」(講師 豊田祐子弁護士)を開催しました。
2021年1月27日セミナー/講演等
前田葉子弁護士が、New York State Bar Association (NYSBA)のAnnual Meetingでのパネルディスカッション「Cross-border Litigation. When we need the most from our allies around the world: Best Practices and Recommendations」においてパネリストを務めました。
2021年1月25日論文/著作等
松永博彬弁護士がジュリスト2021年2月号(No.1554)に、「独禁法事例速報 同一の物件に重複して課された課徴金を取り消した審決事例」と題する記事を執筆しました。
2021年1月19日セミナー/講演等
岡田美香弁護士が、株式会社さかい新事業創造センター主催のさかいアクセラレーションプログラムにて、「スタートアップの経営を支える法務メソッド~チームづくりと外部パートナーとの連携~」というテーマで講演を行いました。
2021年1月18日論文/著作等
長崎玲弁護士が「The Legal 500: Country Comparative Guides - Japan: Environment」(PDF)の日本チャプターを執筆しました。
2021年1月18日お知らせ
The Legal 500 Asia Pacific 2021において、シティユーワ法律事務所が8部門で選ばれました。また6名の弁護士が各分野で選ばれました。
2021年1月6日論文/著作等
棚橋祐治弁護士が、行政情報の総合誌『時評』の694号に連載45回目となる「知財の深層を探る~㊺グローバル化とデジタル化時代における商標権の現状と課題(下)」と題する論考を執筆しました。
2021年1月1日 トピックス
司法研修所における司法修習(73期)を修了した井田涼大石美紗子岡村孝子鹿倉佑太岸本健降籏美萌森村亮太の7名の弁護士が入所しました。
2021年1月1日 トピックス
森田豪丈弁護士、水谷幸治弁護士、永岡秀一弁護士、萩原佳孝弁護士、奥原靖裕弁護士がパートナーに就任しました。
2021年1月1日トピックス
島田雄介弁護士がカウンセルに就任しました。
2021年1月1日トピックス
吉田麗子弁護士(パートナー 54期)が入所しました。

ページの先頭へ

ホーム > トピックス : 2021年