岡内 真哉 Shinya Okauchi

  • 取扱分野
  • 経歴
  • 論文/著作等

取扱分野

企業間の取引、不動産取引、金融取引、商事事件等に関連する紛争解決を取り扱っています。また、これらの紛争解決の経験・ノウハウを契約書作成等に生かして、紛争予防を心がけています。

一般企業法務 不動産取引全般 不動産関連紛争解決 一般民事事件 調停・仲裁・ADR 商事訴訟・会社関連紛争解決 債権回収・強制執行

経歴

  • 中央大学法学部卒業
1994年
司法修習修了(46期)
1994年~2003年
東京シティ法律税務事務所
2003年~
シティユーワ法律事務所

論文/著作等

  • 「サブリースの現代的課題」(ジュリスト2017年11月号(No.1512)所収、有斐閣、2017年)
  • 『[新訂]貸出管理回収手続双書 不動産担保(下)』(共著、金融財政事情研究会、2010年)
  • 『文書提出等をめぐる判例の分析と展開』(共著、金融・商事判例増刊1311号所収、経済法令研究会、2009年)
  • 「譲渡担保権設定者による清算金請求の可否(最二判平成8・11・22)」(金融・商事判例増刊1286号『譲渡担保法判例の分析と展開』所収、経済法令研究会、2008年)
  • 「譲渡担保権者は確定的に抵当不動産の所有権を取得しない限り抵当権を滌除することができないとされた事例(最二判平成7・11・10)」(金融・商事判例増刊1286号『譲渡担保法判例の分析と展開』所収、経済法令研究会、2008年)
  • 「表明保証違反による補償請求に際して、買主の重過失は抗弁となるか」(金融・商事判例1239号所収、経済法令研究会、2006年)
  • 『ジョイント・ベンチャー契約の実務と理論-会社法施行を踏まえて-』(共著、判例タイムズ社、2006年)
  • 「集合動産譲渡担保に関する論点の整理と新たな公示制度の提案」(金融・商事判例増刊1186号所収、経済法令研究会、2004年)
  • 「地代の不減額特約と借地借家法11条-最三判平成16.6.29について-」(金融・商事判例1195号所収、経済法令研究会、2004年)
  • 『民事裁判 証拠収集・立証の実務』(共著、新日本法規、2002年)
  • 「賃料債権に対する物上代位と賃借人による相殺の優劣」(銀行法務21 593号所収、経済法令研究会、2001年)
  • 「ゴルフクラブの名義書換承認義務[埼玉ゴルフクラブ](東京高判平成12・3・29)」(金融・商事判例別冊『ゴルフ法判例72』所収、経済法令研究会、2001年)
  • 「その他の個別商品の販売と説明義務」、「重要事項の説明を要しない場合」(銀行法務21増刊588号『金融商品販売法の実務と論点』所収、経済法令研究会、2001年)
  • 「サブリース契約に対する借地借家法32条の適用基準」(法律のひろば1999年9月号所収、ぎょうせい、1999年)

戻る

ページの先頭へ

ホーム > 弁護士等紹介 > 岡内 真哉