法律用語集

ライツ・イシュー

読み方
:らいついしゅー
分野
企業法務

ライツ・イシューとは、株主割当増資による企業の資金調達手段の一種であり、ライツ・オファリングともいう。具体的には、既存株主に新株予約権を無償で割り当てると共に、その新株予約権を証券取引所において上場させ、既存株主は、割当てを受けた新株予約権を行使するか、市場において売却して金銭を取得するかを自由に選択することができる。
企業が資金調達手段として第三者割当増資や公募増資による場合、既存株主の権利の希釈化を招く等の問題があるが、このライツ・イシューによる場合には、既存株主は、割当てを受けた新株予約権を行使するか、または新株予約権を市場で売却することにより、株式価値の希釈化による影響を回避ないし軽減することができる。また、新株予約権の行使価額については、会社法上の有利発行規制の適用を受けないため、通常は市場価額から大幅にディスカウントされた価額に設定することが可能となることから、新たな資金調達方法として着目されている。
実務上も、企業がこのようなライツ・イシューをより積極的に行えるよう、証券取引所による新株予約権の上場基準の緩和や金融商品取引法の改正による有価証券届出書の提出期限の短縮等の環境整備が進められている。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > ライツ・イシュー