法律用語集

ABLによる資金調達

読み方
:えーびーえるによるしきんちょうたつ
分野
事業再生・倒産(一般用語)

企業が資産として保有している在庫、売掛債権等を担保として資金調達を行う手法(アセット・ベースト・レンディング)。在庫動産を担保とする融資、売掛債権を担保とする融資のほか、これらを組み合わせて行うスキームもある。不動産を担保としまたは保証人をたてて行われる従来の融資に対し、企業側からは資金調達の多様化、融資側からは新たな顧客開拓、取引機会の創出のメリットがある。近時の債権譲渡特例法の制定、動産譲渡登記制度の創設等により法的基盤が整備された。
担保物の価値に依拠して行われる融資であることから、企業の経営が悪化して通常の融資が受けられない場合や再生手続・更生手続の申立て後の場合であっても、企業が有する資産を有効活用して新たな資金を調達することができる方法として、事業再生の場面で活用されている。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > ABLによる資金調達