法律用語集

開始時現存額主義

読み方
:かいしじげんぞんがくしゅぎ
分野
事業再生・倒産(法的再建手続)

破産債権について連帯保証人や連帯債務者がいた場合、破産債権者が、当該連帯保証人や連帯債務者から、破産手続開始後に弁済等、破産債権を消滅させる行為を受けたとしても、その債権全額が消滅した場合を除き、破産債権者が、破産債権手続開始の時に有する債権の全額についてその権利を行使できることをいう。
民事再生法や、会社更生法にも同様の定めがある。
なお、破産債権者が破産者に複数に分けて貸付をしていたケースで、各貸付債権毎に「開始時現存額主義」が適用されるとした近時の最高裁判例があるので、破産債権が複数に分かれている場合には、破産手続開始決定後に連帯保証人等から弁済を受けるにあたり、どの債権に充当するか注意が必要である。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > 開始時現存額主義