不動産ファンド・REIT
View in
JPEN
印刷する

不動産ファンド・REIT

不動産取引の実務において特別な当事者であり、法律的な関心事も多く含まれているのが、不動産ファンド(私募ファンド)や不動産投資法人(いわゆるREIT)です。これらの用語は、「不動産ファイナンス」(別の中項目)による資金調達の一手法として、複数ないし多数当事者からの資金拠出を背景とした取引の仕組み(スキームないしストラクチャー)を指すものとして使われることもありますが、いったん組成された後は、継続的な期間存続する事業体として活動する主体を意味することも多く、不動産売買取引における売主または買主として関与することとなり、不動産ファンドやREIT、さらにはこれらと取引関係に入ろうとする各当事者は、これらに関連する法律問題についてのアドバイスを必要とするわけです。また、上場REIT(上場不動産投資法人、いわゆるJ-REIT)に関しては、上場法人特有の法律問題が存在します。

シティユーワ法律事務所は、これらの不動産ファンドやREITそのものに関する法律的な問題への対応はもちろんのこと、これらの実務に精通した弁護士が、これらと不動産取引を行う当事者への実務的な観点からの法律的な助言について、豊富な経験を有しています。REITについては、「金融・証券・保険 > アセットマネジメント・ファンド・投資信託・J-REIT・私募REIT」もご参照ください。

この業務分野を取り扱う弁護士

担当案件

TK-GKスキーム及びTMKスキームの組成、運用及び不動産取引に関して、多くの案件に関与しています。
複数のシンガポールのクライアントに対して、不動産の取得及び運用並びにファイナンスの調達を継続してアドバイスしております。

関連する論文・著書・ニューズレター・セミナー/講演等

不動産の専門分野