法律用語集

営業秘密

読み方
:えいぎょうひみつ
分野
知的財産・IT

「営業秘密」は、不正競争防止法により保護されている。"営業"とあるが、技術情報その他企業の保有するすべての秘密を含む。しかし、社内にある資料、情報の多くはその会社の事業活動に有用なものであろうが、執務エリアの鍵のかからないファイルボックスなどに保管され、多くの社員が自由に見ることができる資料その他の情報は「営業秘密」に該当しないであろう。不正競争防止法は、「営業秘密」を「秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上または営業上の情報であって、公然と知られていないもの」と定義しているが、そのような情報は「秘密として管理されている」とはいえないからである。コンピュータ情報も社員がパスワードなく自由にアクセスできるような場合も同様に「営業秘密」に該当しないことが多いであろう。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > 営業秘密