法律用語集

買付証明書、売渡承諾書

読み方
:かいつけしょうめいしょ、うりわたししょうだくしょ
分野
不動産

買付証明書とは、不動産の売買において買い受け希望者が当該物件を買い受ける意思があることを表明する書面のことをいいます。これに対し、売渡承諾書とは、買い受け希望者に対して当該物件を売り渡す意思を表明する書面のことをいいます。
買付証明書は、買い受け希望者が買い受け希望金額と条件等を記載して、この条件であれば契約を締結することが可能であるとの意思を明確にする趣旨の書面です。これに対し、売渡承諾書は、売主が売り渡し価格と条件等を記載して、この条件であれば契約を締結することが可能であるとの意思を明確にする趣旨の書面です。
不動産取引の実務では、当事者双方は買付証明書、売渡承諾書を交付した後に、詳細な条件を詰めて売買契約を締結することが少なくありません。民法の原則によると、契約は当事者間の申込みと承諾により成立するものとされていますが、このような買付証明書や売渡証明書には原則として契約の申込みや承諾の効力は認められず、その後、売買契約の締結に至らなかったとしても、当事者双方は相手方に対して売買契約に基づく義務(不動産の引渡義務や売買代金の支払義務等)を負いません。もっとも、それまでの交渉の経過次第では当事者双方が互いに誠実に契約成立に努めるべき信義則上の義務を負うケースもあります。このようなケースにおいて、買付証明書・売渡証明書を取り交わした後の一方当事者の不誠実な対応によって売買契約が不成立に終わった場合には、その当事者は相手方に対して損害賠償責任を負う可能性があります(このようなケースを契約締結上の過失と呼ぶことがあります。)。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > 買付証明書、売渡承諾書