クロスボーダー紛争解決

国境を越えた紛争解決は、訴訟にせよ国際仲裁にせよ国内訴訟とは比較にならない多額のコストがかかります。また、ディスカヴァリー制度が適用される国での裁判や、弁護士報酬の敗訴者負担主義を採用する法制の国の裁判所の管轄に合意した場合は、このような裁判に伴うリスクはさらに増大します。

訴訟に強い法律事務所と渉外法務に強い法律事務所の合併から出発したシティユーワ法律事務所の強みが最も活かされる分野の一つがこのクロスボーダー紛争解決の法分野です。渉外法務に習熟した弁護士と、World Law Groupを初めとしたシティユーワ法律事務所の世界各地の一流法律事務所との広汎なネットワーク、それに国内訴訟に習熟した訴訟チームの緊密な連携プレーにより、紛争の内容(合弁や代理店契約の解消その他各種契約紛争・特許侵害・労務紛争・内外の独禁法違反・債権取立等)、裁判(または仲裁)地が日本であるか外国であるか、準拠法、そして裁判・仲裁その他各種ADRのタイプの如何を問わず、シームレスにクライアントの利益を守ります。内外いずれのクライアントにも、彼我のシステムの相違を明確に説明しつつ業務を遂行します。

また多くの国際紛争はこのような訴訟・仲裁に至る前に和解で終わるのが最良の解決策ですが、語学と交渉力に秀でたシティユーワ法律事務所の弁護士が重要な和解交渉に同席し、事案に最適な着地点を探しつつ、その場で英文の和解案を起案・交渉し、紛争の早期解決を目指します。

ページの先頭へ

ホーム > 業務分野 > 国際取引 > クロスボーダー紛争解決