法律用語集

ゴーイング・プライベート

読み方
:ごーいんぐぷらいべーと
分野
M&A

ゴーイング・プライベートとは、株式を非上場化することをいう。
対象会社の大株主、あるいは対象会社の経営陣と外部の投資家が出資した特別目的会社(SPC)などが、主として公開買付け(TOB)によって発行済株式を取得し、上場廃止申請を行う。一般的には全発行済株式を取得して少数株主を排除することまで指してこの用語が使用される(ただし、上場廃止のために必ずしも全発行済株式を取得する必要はない)。
ゴーイング・プライベートによって、対象会社は、上場会社としての法的義務(金融商品取引法上の法定開示義務等)やコスト(IRコスト等)を回避すると共に、非上場企業となることで買収防衛策としても機能することになる。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > ゴーイング・プライベート