法律用語集

スクイーズ・アウト

読み方
:すくいーずあうと
分野
M&A

スクイーズ・アウトとは、一般的に、MBOや上場子会社の完全子会社化の事案において、公開買付けの後に、公開買付けに応募しなかった残存株主の排除を行うことを意味する。スクイーズ・アウトの手法としては、全部取得条項付種類株式を用いた方法や、株式交換などの組織再編を行う方法がある。少数株主の保護のために、反対する株主に株式買取請求権や取得価格決定申立権が認められており、MBOにおける取得価格決定申立事件において、「公正な価格」をどのように解するかについて裁判例の蓄積も進んでいる。また、スクイーズ・アウトの際に少数株主が受け取る対価が、公開買付け価格よりも低いことが予想される場合には、少数株主が意に反して公開買付けに応ぜざるを得なくなるという構造的な問題(強圧性の問題)も存在することから、スクイーズ・アウトにおいて少数株主が受け取る対価は公開買付け価格と同一とされることが通常である。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > スクイーズ・アウト